top of page
  • takam91

迷いの30代

自分とはどいう人間かを理解し、他者との違いや社会における自分の立ち位置を認識している人のことを、アイディンティティが確立していると言います。一方で、30代後半になっても自分自身ことがわからず、霧の中をさまよっているような人をアイディンティティが拡散していると言います。

 40代や50代になるとある種の諦めが強くなるためか、迷いがふっきれ気分的に楽になる人が多くなるようですが、30代は生き方の転換が可能と感じ自分の人生はこれでいいのかと悩む人が少なくありません。

「40にして惑わず」と言うように、30代に自分の人生を真剣に考えることは、葛藤し悩みますが、大切なことなのかもしれません。

最新記事

"今を生きる"とは

"今を生きる"ことは、簡単なようで意外に難しいのではないでしょうか。 私達は、ともすれば過去のことを思い出し悔やんでみたり、これから先の未来について考え不安になったりして、今を生きていないことが多いような気がします。 "心此処にあらず"の心境で食事をすることはしょっちゅうだし、スマホを見ながら何か作業をするのは日常茶飯事です。 一般的に、不安に苛まれている人は現実から心が離れ、過去や未来に想いを巡

ゆるい繋がり

私は、複数のテニスサークルに入っていますが、その中の一つの人間関係が心地よく、まるでサロンのような気がしています。 他のサークルもそれぞれ良いところはあるのですが、そのサロンのようなサークルでは、笑う事が多く帰る時にはいつも楽しい気分で帰ります。 テニスだけで繋がっている人間関係ですが、私にとっては、とても大切な居場所になっているような気がします。 深い人間関係は必要ですが、このようなゆるい

自分を大切にすること

犯罪心理学の中に、「割れ窓理論」というものがあります。この理論は、ある建物の窓が一箇所割れているのに修理せずに放置していると、暴漢等に他の窓も次々と壊され、最終的には街全体が荒廃してしまうという理論です。 これを人間に例えるとどうなるでしょうか。 ある人が、他人に嫌われないように理不尽な仕事を押し付けられても断れなかったり、嫌な事を拒否せずに我満して従っていたら、割れ窓を修理しないで放置しているの

bottom of page