top of page
  • takam91

人間関係

悩みがあり相談に来る人のほとんどは、人間関係に悩んでいると言われています。人間はそもそも社会的動物なので、全く孤立して生きることは難しいため、どんなに社交嫌いの人でも少しは他者との人間関係を持っているものです。最近、人間関係を分かりやすく表現した記事を、眼にしたのでご紹介したいと思います。

その内容は、人間関係とは「焚火のあたりかた」のようなものであり、あまりに焚火に近づきすぎると熱くて火傷します。だからといって遠ざかりすぎると寒いとのこと。

つまり、良好な人間関係を継続するためには、程よい距離感が大切ということなのですが、その距離感が分からない人もいるし、相手がどんどん近づいてきて困っている人もいるのではないかと思います。若いころは他者との距離感に悩みがちですが、様々な経験を積むことによって、ほとんどの人たちはその関係に応じた自分なりの距離感を掴めるようになっていくのだと思います。

最新記事

承認欲求

他人から認められたいという承認欲求は誰にでもあります。でも、その欲求が高すぎると人間関係が難しくなるように思います。 やたら昔の事を自慢したり、他人からみたら些細なことを得意げに話す人がいますが、私には、自信がない人のように見えてしまいます。なぜなら、自己肯定感が高い人はむや みに自慢をしたりしないからです。 私の知り合いの中に、親しい関係ではないのにも関わらず、やたらプライベートのことをオープン

他者との程よい距離感

先日、雑談中に20年来の友人から私の性格の欠点を指摘されました。その内容は全く的外れではありませんが、少し意外であり、少しだけショックでした。もしも若い頃に欠点をダイレクトに言われたならば結構傷つき、友人関係はぎくしゃくしたかもしれません。でも、歳を重ねた今は、若い頃のように他者と全面的に理解し合いたいという気持ちが少なくなっている故か、あ まり堪えなかったように感じます。 今回の友人は最も親しく

病は気から

“病は気から”と昔から言いますが、病気になった時にどのように向きあい乗り越えるかは個人差があり様々です。 私の知人は現在療養中ですが、一時退院直後に趣味のテニスがやりたくて、コートに顔を出しプレーしたそうです。 その話しを聞いて、私は信じられず呆気にとられてしまいました。私の常識では考えられなかったからですが、きっとその方は辛い闘病中に、一時退院したらテニスがしたいと考え、辛い治療を乗り 切っ

Kommentare


bottom of page