top of page
  • takam91

震災…

元旦及び2日に発生した地震と事故により亡くなられた方々に対し、心よりお悔やみ申し上げます。また、ニュースで被災し避難されている方々の状況を知る度に胸が痛み塞ぐ想
いです。 
私は2011年の東北大震災の際に、岩手で数日間ですが避難物質関係の支援活動を行いました。その際に岩手県の沿岸部の悲惨な現場を直接見た時のショックや衝撃は今でも鮮
明に覚えています。 
自然が荒ぶった時に、人間はなんと無力なのかと感じ呆然としたものです。 
今回の能登半の被害状況は、毎日のようにニュースで放送されていますが、感受性が強い繊細な方にとっては、災害の映像は刺激が強すぎて神経が参ってしまいがちなので、文字情報を活用したほうが良いのではないかと思います。 
私は岩手県の映像が蘇ってくるため、主にヤフーニュースを読み情報を得ています。自分自身のメンタルにも配慮しながら情報を得ていきましょう。 

最新記事

承認欲求

他人から認められたいという承認欲求は誰にでもあります。でも、その欲求が高すぎると人間関係が難しくなるように思います。 やたら昔の事を自慢したり、他人からみたら些細なことを得意げに話す人がいますが、私には、自信がない人のように見えてしまいます。なぜなら、自己肯定感が高い人はむや みに自慢をしたりしないからです。 私の知り合いの中に、親しい関係ではないのにも関わらず、やたらプライベートのことをオープン

他者との程よい距離感

先日、雑談中に20年来の友人から私の性格の欠点を指摘されました。その内容は全く的外れではありませんが、少し意外であり、少しだけショックでした。もしも若い頃に欠点をダイレクトに言われたならば結構傷つき、友人関係はぎくしゃくしたかもしれません。でも、歳を重ねた今は、若い頃のように他者と全面的に理解し合いたいという気持ちが少なくなっている故か、あ まり堪えなかったように感じます。 今回の友人は最も親しく

病は気から

“病は気から”と昔から言いますが、病気になった時にどのように向きあい乗り越えるかは個人差があり様々です。 私の知人は現在療養中ですが、一時退院直後に趣味のテニスがやりたくて、コートに顔を出しプレーしたそうです。 その話しを聞いて、私は信じられず呆気にとられてしまいました。私の常識では考えられなかったからですが、きっとその方は辛い闘病中に、一時退院したらテニスがしたいと考え、辛い治療を乗り 切っ

Commentaires


bottom of page