top of page
  • takam91

震災…

元旦及び2日に発生した地震と事故により亡くなられた方々に対し、心よりお悔やみ申し上げます。また、ニュースで被災し避難されている方々の状況を知る度に胸が痛み塞ぐ想
いです。 
私は2011年の東北大震災の際に、岩手で数日間ですが避難物質関係の支援活動を行いました。その際に岩手県の沿岸部の悲惨な現場を直接見た時のショックや衝撃は今でも鮮
明に覚えています。 
自然が荒ぶった時に、人間はなんと無力なのかと感じ呆然としたものです。 
今回の能登半の被害状況は、毎日のようにニュースで放送されていますが、感受性が強い繊細な方にとっては、災害の映像は刺激が強すぎて神経が参ってしまいがちなので、文字情報を活用したほうが良いのではないかと思います。 
私は岩手県の映像が蘇ってくるため、主にヤフーニュースを読み情報を得ています。自分自身のメンタルにも配慮しながら情報を得ていきましょう。 

最新記事

"今を生きる"とは

"今を生きる"ことは、簡単なようで意外に難しいのではないでしょうか。 私達は、ともすれば過去のことを思い出し悔やんでみたり、これから先の未来について考え不安になったりして、今を生きていないことが多いような気がします。 "心此処にあらず"の心境で食事をすることはしょっちゅうだし、スマホを見ながら何か作業をするのは日常茶飯事です。 一般的に、不安に苛まれている人は現実から心が離れ、過去や未来に想いを巡

ゆるい繋がり

私は、複数のテニスサークルに入っていますが、その中の一つの人間関係が心地よく、まるでサロンのような気がしています。 他のサークルもそれぞれ良いところはあるのですが、そのサロンのようなサークルでは、笑う事が多く帰る時にはいつも楽しい気分で帰ります。 テニスだけで繋がっている人間関係ですが、私にとっては、とても大切な居場所になっているような気がします。 深い人間関係は必要ですが、このようなゆるい

自分を大切にすること

犯罪心理学の中に、「割れ窓理論」というものがあります。この理論は、ある建物の窓が一箇所割れているのに修理せずに放置していると、暴漢等に他の窓も次々と壊され、最終的には街全体が荒廃してしまうという理論です。 これを人間に例えるとどうなるでしょうか。 ある人が、他人に嫌われないように理不尽な仕事を押し付けられても断れなかったり、嫌な事を拒否せずに我満して従っていたら、割れ窓を修理しないで放置しているの

bottom of page