top of page
  • takam91

"今を生きる"とは

"今を生きる"ことは、簡単なようで意外に難しいのではないでしょうか。

私達は、ともすれば過去のことを思い出し悔やんでみたり、これから先の未来について考え不安になったりして、今を生きていないことが多いような気がします。 "心此処にあらず"の心境で食事をすることはしょっちゅうだし、スマホを見ながら何か作業をするのは日常茶飯事です。

一般的に、不安に苛まれている人は現実から心が離れ、過去や未来に想いを巡らせている傾向があります。今の積み重ねが明日に繋がるのですから、今を大切に生きることは不安 の軽減に繋がると思います。

例えば、散歩をする時に、五感をフル活用し足裏の感触を感じたり、道端に咲いている野花を見たりしましょう。今の瞬間に思考と感情を添わせることによって、不安が和らいでいることに気付くと思い ます。


最新記事

思春期

小学校5年生頃から思春期に入ると言われています。この時期は心身共に大きな変化が訪れるため、情緒不安定になりがちです。自意識が高まるため、自分の性格や友人関係に悩んだりしがちです。人によっては悩みが大きくて辛い時期になる人もいますが、大人になるために通らなければならないトンネルのような通過点なのです。でも、 いずれはトンネルを抜けて光が射してきます。自分とは何者でどのように生きれば良いのかを実感でき

それぞれの常識?

自分では当たり前だと思っている感覚が周りの人達と違っている時に、人は多少なりとも混乱するものです。 私は、基本的に古着は興味がなく身につけることはありません。アンティークな家具やアクセサリー等も好みませんが、知り合いの中には、アンティーク家具や古着が好きな人が います。 そんなタイプの私ですが、先日、色々な考え方や感じ方があるのだと改めて思った出来事がありました。 ある趣味のサークルの男性会員の方

Comments


bottom of page