top of page
  • takam91

"今を生きる"とは

"今を生きる"ことは、簡単なようで意外に難しいのではないでしょうか。

私達は、ともすれば過去のことを思い出し悔やんでみたり、これから先の未来について考え不安になったりして、今を生きていないことが多いような気がします。 "心此処にあらず"の心境で食事をすることはしょっちゅうだし、スマホを見ながら何か作業をするのは日常茶飯事です。

一般的に、不安に苛まれている人は現実から心が離れ、過去や未来に想いを巡らせている傾向があります。今の積み重ねが明日に繋がるのですから、今を大切に生きることは不安 の軽減に繋がると思います。

例えば、散歩をする時に、五感をフル活用し足裏の感触を感じたり、道端に咲いている野花を見たりしましょう。今の瞬間に思考と感情を添わせることによって、不安が和らいでいることに気付くと思い ます。


最新記事

承認欲求

他人から認められたいという承認欲求は誰にでもあります。でも、その欲求が高すぎると人間関係が難しくなるように思います。 やたら昔の事を自慢したり、他人からみたら些細なことを得意げに話す人がいますが、私には、自信がない人のように見えてしまいます。なぜなら、自己肯定感が高い人はむや みに自慢をしたりしないからです。 私の知り合いの中に、親しい関係ではないのにも関わらず、やたらプライベートのことをオープン

他者との程よい距離感

先日、雑談中に20年来の友人から私の性格の欠点を指摘されました。その内容は全く的外れではありませんが、少し意外であり、少しだけショックでした。もしも若い頃に欠点をダイレクトに言われたならば結構傷つき、友人関係はぎくしゃくしたかもしれません。でも、歳を重ねた今は、若い頃のように他者と全面的に理解し合いたいという気持ちが少なくなっている故か、あ まり堪えなかったように感じます。 今回の友人は最も親しく

病は気から

“病は気から”と昔から言いますが、病気になった時にどのように向きあい乗り越えるかは個人差があり様々です。 私の知人は現在療養中ですが、一時退院直後に趣味のテニスがやりたくて、コートに顔を出しプレーしたそうです。 その話しを聞いて、私は信じられず呆気にとられてしまいました。私の常識では考えられなかったからですが、きっとその方は辛い闘病中に、一時退院したらテニスがしたいと考え、辛い治療を乗り 切っ

Commenti


bottom of page